専修と一種と二種がある|行政書士資格に合格するポイント|勉強法によって結果が違う
筆記用具

行政書士資格に合格するポイント|勉強法によって結果が違う

専修と一種と二種がある

ウーマン

免許による違い

幼稚園教諭は文部科学省管轄であり、学校教育法に基づいて教育を行う職業です。主な職場は幼稚園であり、三歳以上から小学校就学前の子供に対し教育を行います。幼稚園教諭の免許には専修免許・一種・二種があり、この免許は全国で共通でありどこでも活かせます。専修は大学院、一種は大学、二種は短大や専門学校または通信教育で取得できます。就職に関しては二種も一種も特に差はなく、行う事は一緒です。しかし給料に多少の差は出てきます。また、子供に関する仕事で一般企業に就職を考える際、二種免許より上の免許の方の方が就職しやすさは生じます。幼稚園に勤めたいと目標があるなら短期大学等の二種免許で充分ですが、園長や一般企業の教育・保育関連を視野に入れている場合、大学等で一種免許以上を目指すと良いでしょう。現実、短大では企業の就職は厳しい時代になっています。

二種から一種を取得する

短期大学で幼稚園教諭二種の免許を取得して幼稚園に就職した後、給料面やキャリアアップを考えて一種免許を目指す人も多くいます。幼稚園教諭二種から一種を取得する方法があります。二種免許取得後、教職五年以上の経験を積み、一定の要件を満たすと取得できます。一定の要件とは二種免許の方に不足している単位の事です。どの単位をとれば良いかは、卒業した学校によるので、教育委員会に問合せする事で確認できます。短期大学卒業なら幼稚園教諭課程のある大学に編入する事で取得できます。最低限大学卒業の基礎資格が必要となります。もし大学卒業なら、通信教育の科目履修生で不足単位を取得する事で可能です。これらの方法で二種から一種を目指せます。また、実習は経験済みなので免除になる可能性もあります。こちらも教育委員会に問合せる事で確認できます。